諏訪支部について


第五回諏訪大社奉納演武 使太刀:三好支部長 打太刀:宗主代理渡辺忠久先生
第五回諏訪大社奉納演武 使太刀:三好支部長 打太刀:宗主代理渡辺忠久先生

新陰流兵法転会  諏訪支部は、平成23年(2011)7月に設立されました。諏訪平はもとより、隣の伊那高遠や、遠く八ヶ岳南麓からも門人が集い、日々剣の腕を磨いています。

 

新陰流流祖上泉伊勢守信綱は『関八州古戦録』において金刺秀綱とその名が記されています。このことから、上泉氏には金刺舎人を祖とする下社大祝金刺氏と血縁関係にあったと思われます。我々はそのような流祖の縁遠からぬ諏訪の地に、流祖伝来の新陰流を伝え、共に研鑽することに、大きな意義を感じております。

 

諏訪支部では毎週の稽古の他、諏訪大社での奉納演武、八島湿原旧御射山神社での奉納演武などを軸に、活動を展開しています。

旧御射山神社奉納演武 金刺氏全盛期、この祭礼に日本中の武士が集まった。
旧御射山神社奉納演武 金刺氏全盛期、この祭礼に日本中の武士が集まった。

 

 

【稽古日】

 毎週木曜日、19:00〜22:00

 

【稽古場所】

 茅野市総合体育館 剣道場

 長野県茅野市玉川500

 

 【支部長・指導師範】

 三好祐司